本文へスキップ

神戸の脳神経外科・頭痛外来の三都ブレインクリニックです。

電話でのご問い合わせは⇒TEL.078-392-3105

〒650-0004  兵庫県神戸市中山手通3丁目2−1
トア山手ザ神戸タワー 2F クリニックフロア内

神戸の脳神経外科、頭痛外来、の三都ブレインクリニック

神戸 三宮・元町の『三都ブレインクリニック』 脳神経外科、神経内科、頭痛外来、漢方、鍼灸を専門にするクリニックです。
当院では『西洋医学』に『東洋医学』を取り入れ 頭痛、めまい、耳鳴り、肩こり、腰痛、麻痺、しびれ、冷え症、鬱病などにすぐれた治療成績を上げています。どこに行ってもよくならない頭痛などでお困りの方も諦めずに一度当院を受診してみて下さい。
当院では大阪大学医学部卒業◆脳神経外科専門医 ◆頭痛専門医 ◆漢方専門医 の院長が「脳と心と体の調和」を目指した全人的治療を提供します。
頭痛外来では:あらゆるタイプの頭痛に対応します。大学病院、頭痛専門病院でも治らない頭痛にも対応します。
東洋医学外来では:漢方、鍼灸を用いてどこに行っても治らない痛みを治療します。その他、生理痛、冷え性、更年期障害、食欲不振、などあらゆる疾患を漢方で治療しています。最近では、アーユルヴェーダ、フラワーレメディー、催眠術なども取り入れて治療にあたっています。

● 当院では、漢方治療の患者様もたくさん来ていただいていますので、頭以外の症状についてもお気軽にお問い合わせください。

●11月24日(土)、12月3日(月)は学会参加のため臨時休診とさせて頂きます。

●年末年始は、12月29日(土)〜1月3日(木)までお休みとさせて頂きます。

●インフルエンザ予防接種はワクチンが入荷できないため行っていません。

開院に至るまで

*S63年 阪大医学部を卒業してから、22年にわたる脳外科の臨床であらゆる頭痛や脳の病気を経験させていただきました。救急脳外科に始まり、脳腫瘍、脳血管障害の治療、さらに脳卒中後のリハビリ、脳ドック、頭痛外来の経験もあります。脳外科手術は2000例以上経験し、加えて海外での手術経験もあります。

*救急脳外科病院では、夜中に緊急手術を何回もいたしました。難しい手術では明け方までかかったこともあります。当時は病院に泊まり込むことが当たり前でした。
しかし、それだけやっても麻痺やしびれや頭痛が残る患者さんがいます。しゃべれない患者さんがいます。病気の性質上手術ができない患者さんもいます。現代の最新の薬も効かない患者さんもたくさんいました。

*リハビリ病院では、いくらリハビリをしても麻痺やしびれや頭痛が改善しない患者さんがたくさんいました。リハビリでよくなっても自宅に帰ってから自立度がどんどん低下して寝たきりになる患者さんもいます。

*脳ドックの病院では、MRIやMRAで異常がないのに、ひどい肩こりや頭痛、めまい、しびれ、眼精疲労、耳鳴り、腰痛、冷え性などを訴えられる方をしばしば見ました。そのような場合でも脳ドックや人間ドックでは「異常なし」と診断されます。

 そのような「西洋医学」の最良の方法と技術でもよくならない患者さんに何ができるのかという問題は常に脳裏にありました。そのなかで徐々に漢方を勉強し、鍼を習得し、そして「東洋医学」の方法をつかえばこれらの患者さんにも大きなメリットがあると確信するようになりました。

 漢方はまだしも、医師が鍼灸を一般の病院で行うことは現代ではまだまだ困難があります。
それならば、自分でクリニックを開き「西洋医学」と「東洋医学」を統合した形で治療を提供出来るようにしたいと思うようになりました。そして、今回、神戸元町に「三都ブレインクリニック」を開院するに至りました。

どうして「三都」なの?

 時間がない時は、神戸はいわゆる「三都物語」の一つなので三都と命名しましたと答えています。
三都物語を知らない人には三宮の「三」とトアロードの「ト」で三都にしましたと答えています。
しかし、本当は、当院の理念である「脳と心と体」という3つの大事なもの(=都)を扱うという意味を三都にこめました。
 脳だけをMRIで診断できても片手落ちで、心と体を同時に見ないといけないと思っているからです。
そのためには東洋医学的な人間観がとても役に立ちます。東洋医学では「天地人」の三才思想が中心にあります。「三都」は東洋医学の三才思想にも通じています。
 当院のロゴマークでは「脳と心と体」の三位一体を表しました。三都をローマ字で書くと「Santo」となり、スペイン語で「聖人」を意味します。そう考えると、当院のロゴもキリストのように見えてきませんか?「東洋医学」と「西洋医学」の統合をめざしている当院にはふさわしいと内心思っています。

お知らせ information

       
  • 臨時休診についてはこの欄でご連絡します

    11月24日(土)、12月3日(月)は学会参加のため臨時休診させて頂きます。
    年末年始、12月29日(土)〜1月3日(木)はお休みとさせて頂きます。

  • 「井上流漢方入門-気を見て気を動かす漢方‐」というブログを立ち上げました。

    院長が師事している井上淳子先生の漢方を紹介するブログを立ち上げました。当院の漢方も基本的には井上先生のやり方に基づいています。ブログは左のバナーから入れます。
  • 患者様の声をアップしました

    ⇒ 患者様の声
  • 夜8時まで受付しています

    遅くまでオープンしていますので、お仕事帰りの方もお気軽にご来院ください。
  • 健康保険について

    当院は漢方も鍼も保険診療内で実施しています。
    受診の際は必ず健康保険証をお持ちください。
    保険証がない場合、自費での診療になる場合がございますのでご注意お願いします。

三都ブレインクリニック三都ブレインクリニック

〒650 兵庫県神戸市中央区中山手通3丁目2-1
トア山手ザ神戸タワー2F
トアクリニックフロアー内
TEL 078-392-3105
FAX 078-392-3109
*JR・阪神元町駅から徒歩7分
*阪急三宮駅から徒歩10分

NEWS !
最近の院長の論文です


睡眠時無呼吸症候群(SAS)に対する木防已湯の可能性 、「漢方の臨床」2015年8月号

耳鳴に対する鍼と漢方の統合治療―接触鍼とフォトタッチメソッド― 、「医道の日本」2015年3月号

カルダモン粉末による香蘇散エキスの効果増強法、「漢方の臨床」2015年3月号

女神散と曲池への鍼が奏功した「性行為に伴う一次性頭痛」の3症例、「漢方の臨床」2014年12月号

指輪の身体に及ぼす影響、「漢方の臨床」2014年9月号

「漢方敏感人」の研究、「漢方の臨床」2014年7月号


読売新聞 ▼H23年8月7日読売新聞の「病院の実力・慢性頭痛」に 院長が前任地(おおくまリハビリ病院)で行った頭痛外来が紹介されました。



当院の携帯サイトです
三都ブレインクリニックの携帯サイト http://santobcl.com/mobile/